アウターの保管方法

最近の子供服は、大人の服顔負けのデザインでかわいいものも増えてきました。

色々と買ってしまいがちの子供服ではありますが、収納したり保管したりする方法も考えておかなければ、かなりのスペースをとってしまうことも珍しくないのです。

中でも、アウターはかさが大きくなるうえに、一年のうちの半分程度しか着ないわけですから、保管方法を考えておかなければいけないといえるでしょう。

アウターは、一番外側に着る服です。
それも寒くなってから着るものも多く、一回でも着てしまうと汗が付着していたりすることもありますし、ほこりもついています。
それが子供たちを守ってくれている部分でもあるわけですが、虫に食われたりカビが生えたりしてしまう原因にもなるのです。

そこで、一度でも着たら、除菌消臭剤をかけておくといいでしょう。

洗濯できるものであれば、自宅でしてしまうのもいいのですが、頻繁に洗ってしまうと生地が傷んでしまいます。
汚れがあるのがわかってからでもいいのですが、あまりに放置すると虫に狙われてしまう上、汚れも落ちにくくなってしまうので要注意です。

保管する場合には、乾燥材に注意しなければいけません。
あまりに近づけておいてしまうと、縮んでしまうこともありますし、素材が硬化することもあります。

保管する前に撥水スプレーをかけておくのも、一つの方法です。
ほこりやにおいが付きにくくなるため、効果が高い方法といえるでしょう。

アウターであっても、頻繁に着ていると、傷みも早くなります。
子供服も、たまに休めることができるように、いくつか用意しておくといいでしょう。

その際には、こういった保管を意識しておくだけで、長い期間使っていくことができるようになるのです。

Public Relations

Copyright(c) 2014 子供服とこだわり All Rights Reserved.